人気ブログランキング |
ブログトップ

chez-maman

chezmaman1.exblog.jp

カテゴリ:旅( 44 )

朝霧高原 岡村牧場

d0257787_07123756.jpg
d0257787_07150886.jpg
d0257787_07163456.jpg
東京からの帰りに足をのばして、静岡朝霧高原 岡村牧場に立ち寄りました。
ここは夫の叔父が<岡村牛>という銘柄牛を飼育する牧場なのです。

叔父の夢が形になった牧場を家族と従業員さんで営んでいます。

富士山のふもと、空気と水のきれいな緑豊かな牧場で、大切に丁寧に飼育された牛たち。
のびのびと放牧され草を食むもの、牛舎で私たちを笑顔で出迎えてくれるもの、どの牛たちも懐っこくてすごくかわいい!みんなお客さんに興味津々で寄ってきます。
まだ小さな赤ちゃんから子牛、お母さん牛、とスペースが分けられて約300頭が大切に飼育されています。

牛舎というとにおいが気になるところですが、ここに本当に牛がいるのかというほどにおいがなく、とてもきれいに飼育されています。これは叔父やスタッフの皆さんの努力の賜物ですね。そういった環境や手入れの中でノンストレスでのびのびと牛が育つのだと思います。

d0257787_07133743.jpg
d0257787_07141671.jpg
d0257787_07132194.jpg
d0257787_07135468.jpg
牛舎には前日生まれたばかりの赤ちゃん牛も、お母さんと一緒にいました。
少し大きくなるとお母さんからは離され、共同牛舎に入るまでは1匹ずつミルクをもらって育てられます。牛舎の周りには猫ちゃんも共同生活中!猫ちゃんと牛はとっても仲良く、猫ちゃんが赤ちゃん牛舎に近づくと、赤ちゃん牛はぺろぺろなめてあげるのです!

d0257787_07144253.jpg
d0257787_07154366.jpg
d0257787_07152875.jpg
代々牧場で飼われているシェパード!大きいけどこの子も懐っこくて陽気なワンちゃんでした。牛たちも犬もみんな叔父が大好きです。

この富士山岡村牧場で大切に育てられた牛たちは、<岡村牛>という銘柄で取引され、主に関東で流通しています。赤身メインの、肉の旨味がしみじみおいしいお肉なのです。
この岡村牧場でも毎月第一日曜日には販売会イベントが開催され、BBQパーティーや、レストランシェフによる肉を使った料理会、石窯で焼くピッツァなどがふるまわれるようです。いつか私たちもそのイベントを一緒にやりたいねと話しています。

バルベッタでは関西で唯一、この岡村牛を召し上がっていただけます。赤身のおいしい牛肉、こうして大切に、丁寧に育てられた牛を実際に見ると、味の違いが納得できます。

叔父や叔母、家族や従業員の皆さんのご苦労と牛への愛情に感服し、感謝の気持ちが溢れます。再訪できて本当に良かった。ありがとうございました。




 




 



by chez-maman | 2019-08-10 07:49 |

聴竹居

d0257787_07231399.jpg
d0257787_07224341.jpg
d0257787_07241747.jpg
新緑の京都 大山崎へ
ずっと伺いたいと思っていた聴竹居

90年前に建てられたエコハウスー環境共存住宅なのです。
修復はなされているのですが、建てられたころの仕様はそのままに保存されています。

今でこそ当たり前になりつつあるパッシブ建築を90年以上前に考えて実践されたこと、洋と和をモダンに統合したデザイン、考えて随所にめぐらされたプランニング・デザインは感動ものでした。

自国でも、国外でも<人々の暮らし>にとても興味があるので、今回の見学は貴重な体験となりました。
短時間の見学だったので、改めて申し込んで再訪しようと思っています。

d0257787_07232878.jpg
d0257787_07244653.jpg
d0257787_07235292.jpg
聴竹居のおとなり、くつろかさんで開催されているイベントも伺いたかったのです。
あまりゆっくりする時間はなかったのですが、心地よい新緑のもと大山崎ロースターズさんのコーヒー、ずっとあこがれていたfuminoteさんのお菓子、岡村包子研究所さんの手作りの包子、ふいに流れてくる生演奏に心から癒されるひと時でした。




 




by chez-maman | 2019-04-28 07:51 |

おでかけ~水道筋商店街~

d0257787_21172283.jpg
d0257787_21150535.jpg
今回のおでかけの一番の目的は、7月に新店舗をオープンしたカフェラーナさんに伺うことでした。
教室でもいつも愛飲している上島義弘商店さんのコーヒー。
そのコーヒーの焙煎所兼、直売所兼、カフェとしての店舗を水道筋商店街で営んでおられます。

カフェラーナのコーヒーは上島義弘商店のコーヒーとして50年以上、卸専門で神戸の喫茶店を中心に愛されてきました。
代替わりをして、現在も卸はもちろん、ネット販売や直売と広げてられます。

このお店を切り盛りするのが、私の同級生のHaruちゃん。ご主人のお父さまのお仕事を継いで頑張っています。
学生時代からとにかくまじめで一生懸命。コーヒーへの愛や丁寧さがピカイチです。
えっ!そんなことまでしているの⁉というくらい豆一つ一つを丁寧に扱い、焙煎しているので、その丁寧さがしっかり味に表れていて雑味がなく、すっきりとってもおいしい。



d0257787_21400048.jpg
d0257787_21405455.jpg
カフェラーナさんではこだわりのマシーンで淹れたおいしいコーヒー、バリエーション豊富なドリンク、すっごくおいしい(ほんとに!)ソフトクリームなどメニューも魅力的。水道筋商店街で愛されるカフェなのです。イタリアの田舎町でも必ずあるバールを思い起こします。

教室でも豆はいつもおいておりますが、amazonからの注文ができ、薫り高くておいしいコーヒーが自宅に届きます。
今回は夫の店でカフェラーナの豆を使いたくて、店のエスプレッソマシーンでもおいしく淹れられるよう特別焙煎を依頼しました。

…そしてHaruちゃんのご主人の経営しているスーパー フレッシュさんがこれまたすごーく魅力的で、私たちはいつも両手に抱えきれないほどの買い物をしてしまい、帰りがえらいことになってしまいます(苦笑)
お野菜も果物も新鮮でびっくりするくらい安い!きれいで新鮮なお魚もいつもくぎ付けになります。近かったらどんなにいいだろうと本気で思っています。日々のご苦労の賜物です。

目的を遂行できた一日。大満足の日になりました。



 












by chez-maman | 2018-11-28 22:10 |

おでかけ~芦屋・岡本~

d0257787_05590143.jpg
久しぶりに芦屋・岡本方面におでかけ。

時間があまりなかったので芦屋ではおいしいものを買いに、まずは<メツゲライ クスダ>さんへ。
ハムやソーセージ、パテなどが並んだドイツ流お総菜屋さん。
パテもソーセージもベーコンもどれもおいしいのです。作り立てのお惣菜をイートインもできるのですが、今回は持ち帰ることにして、あれこれと。

d0257787_06074860.jpg
パンは<ベッカライ ビオブロート>さんで。
ドイツパンですがとっても食べやすく、しみじみおいしい♪
シュトーレンがたくさん並んでいてこちらもいただきました。

すでにたくさんの荷物になってきました。いくつかお店を覗きながら岡本へー

d0257787_06151818.jpg
見苦しい画像ですいません・・
岡本ではフロイン堂さんへ。
学生時代から素朴なこのパン屋さんが大好きでした。
懐かしい「食パンあります」の看板。今回は時間が合わなかったので、食パンは買えなかったのですが、実は一番好きなのはこの揚げアンパン。
もっちりとした生地にあっさりとしたあんこがいっぱい入って揚げられ、シナモンシュガーがまぶされています。お行儀が悪いのですが、この揚げパンは買ってすぐ食べるのが絶対おいしい!!
ご飯前だからと止める夫を振り払い(大げさ)、ぱくっと。あ~やっぱりおいしい♪ この味を再現したくて揚げパンを作り始めたくらいなのです。1個を分けるだけでは物足りなくて「もう一個食べてもいいで」「そやろ~」とついに2個め。至福。

お目当ての雑貨屋さんも覗いた後はおひるごはん

d0257787_06283105.jpg
d0257787_06284835.jpg
スパイス料理の<ぶはら>さんへ。
メインはカレー
銅のかわいい鍋でぐつぐつされた熱々カレーをいただきます。
野菜カレーと海老カレー
それぞれスパイスも味も違ってすごくおいしい!はふはふしながら、さらりと収まりました(直前に一人1個分の揚げパンも食べてたのに)

この後、岡本をあとにして王子公園へ






   


by chez-maman | 2018-11-28 06:37 |

CASICA

d0257787_06183760.jpg
d0257787_06185604.jpg

念願のCASICA(カシカ)に伺いました。

作りといい、ディスプレイといい、並んでいる商品といい、その感覚に刺激をたくさんいただきました。
古いもの新しいものがミックスした空間がとても興味深い。

d0257787_06191785.jpg
手作りの小ぶりなワイングラス、この大きさが全然違う感じが特に気に入りました。
古いやかん。使うことはできないけどポット、やかん好きにはたまりません!

往復5時間、東京滞在5時間という強行ツアーでしたが充実の一日になりました。




  

by chez-maman | 2018-10-15 06:33 |

信州旅行

d0257787_07243198.jpg
二泊三日 信州旅へ

駒ヶ岳に登ったり、シードル巡りをしたり、高原ドライブやリフトで山頂を満喫したり。
盛りだくさん楽しめました。

信州は大好きな場所であり、思い出深い場所でもあります。
もう20年以上前まだ学生だった頃、何夏も八ヶ岳の山小屋でアルバイトをしていました。
夏だけではなく、3日以上の休みがあるとどんな季節にも登っていました。

山のことなんて何にも知らなかった私は、「夏休みの住み込みバイト」にあこがれて山の雑誌をみてアルバイト募集に電話をかけました。
バイトさせてくれる山小屋が見つかり長野まで行くと、迎えに来てくださった奥さんが「その恰好で来たの?」と一言。その時は何とも思っていなかったのですが、次の日「山に登るよ」と言って大きなリュックと山靴を出して下さり、初めて山小屋ってそういうところなんだ、と気づいたのでした。

登山すること1時間半、標高2200mの山の中腹にある山小屋につきました。さすがに山小屋の主人にもびっくりされましたが、私も来てしまったからには帰れません。
それから1か月の住み込み生活が始まりました。

朝は5時に起きて朝食の準備、片づけ、掃除をして、昼間はたまに売店の手伝いをしたり山でのんびりしたり、午後からは夕食の準備。
何でもが初めての経験で楽しかったのを覚えています。

スーパーに行けば何でも買えて、食べたいものが食べられる生活になれていた私には山小屋の生活は驚きの連続でした。
まず食材は数か月に1回のヘリ輸送。ちょこちょこしたものは歩荷といって山男たちが背負って上がってくるのです。何でも食材はとっても貴重。冷凍冷蔵庫は限られた量しか入らないのでお客様の食材で埋まります。
当然のようにお菓子や生製品は貴重極まりない。

そんな中で10名ほどいたスタッフの食事作りは当番制で回ってきます。ある食材から料理を作らないといけない。普段の食事作りの経験なんてほとんどない私も順番はきます。その当時ベストセラーになった栗原はるみさんの「ごちそうさまがききたくて」が置いてあり、本をみながら作りたいなと思うのですが、食材がそろわない・・ 参考にしかなりません。
正直、何を食べていたか、何を自分が作ったのか思い出せないのですが、いろいろ工夫したり他の人が作ってくれるものに感動したり、といい経験、鍛錬になりました。

どうしてもお菓子が食べたくて何か作ろうと思い立ちました。貴重な卵とロングライフ牛乳、砂糖・・プリンなら作れる!と思うのですがオーブンもありません。業務用のグリルがその当時の私にはオーブンに見え、火加減を調節し目分量で何度か失敗をしてプリンを作ったのを覚えています。
そんな環境の中で、素材からお菓子を作る、工夫して料理を作る面白さが私の中に芽生えました。

きっと今、このような仕事をさせてもらい、自分がいるのは20代前半の数年間を過ごしたこの山小屋での経験がとにかく大きなものであったことは間違いありません。

その後、進路変更し料理・製菓の道に進み、働きはじめ、時間も取れなくなり、はたまた子供が生まれたりと信州とはすっかり離れてしまったいましたが、何年かぶりに山に登り(ロープウェイですが)、山頂を見上げると無謀だったけど若さにあふれていたあの頃を懐かしく思い出しました。

初心ー
同じようにはなれませんが、そのころの新しいことにワクワクする気持ちとなんでも柔軟に吸収する力は持ち続けたい、と変わらぬ風景を見て思いました。






  










  


by chez-maman | 2018-08-26 08:16 |

レモン農家

d0257787_06105339.jpg
d0257787_06104205.jpg
レモンといえば思い出す風景。
数年前に訪れたシチリア。どうしても行きたかったアグリトゥリズモ(ファームステイのような感じ)はパレルモから車で30分ほどの郊外でした。
車がびゅんびゅん通る道の前に大きな門があり、そこをくぐるとレモンの樹がアプローチになり宮殿のような建物に続きます。
宮殿のまわりは小さな家や建物がぽつ、ぽつとあります。その中の石造りの家を一棟借りました。

境界なんてないようにそのあたり一帯がレモンとオリーブの林、というより森になっています。ちょうど3月末だったのでたくさんの、ほんとにたくさんのレモンがなっていました。後にも先にもこんなにたくさんのレモンを見た経験はありません。
どうやって収穫するのかな、加工されるのかな、シチリア中でこういうレモン農家がいっぱいあるのかな、と興味が尽きません。

宮殿の中がレストランになっていて、滞在中のディナーと朝食はそこでいただきました。
ディナーはシチリア料理で魚介をふんだんに使った食べやすいものでした。期待したレモンの薄切りサラダはありませんでしたが。ナスだけのカポナータがとてもおいしくて印象的でした。

朝食で出てきた自家製のレモンとオレンジのマーマレードは味がしっかりしていてそれまで食べたマーマレードの中ではピカイチで、まだまだ旅は続くというのに重い瓶詰めを買い込んで共に旅を続けました。

レモンとオリーブの森、丘のようになっていて登ると海が見えた風景と、レモンの香り、夕食、朝食のメニューが断片的に思い出されます。








 

by chez-maman | 2018-05-13 06:38 |

HOLIDAY HOME

久美浜 HOLIDAY HOME
至福の休日

d0257787_06372089.jpg
d0257787_06374481.jpg
d0257787_06384649.jpg
d0257787_06392280.jpg
d0257787_06381261.jpg

d0257787_06384611.jpg
d0257787_06413301.jpg
何もかもに刺激を受けた体験でした。





by chez-maman | 2018-04-07 06:45 |

南仏絵皿

d0257787_05555097.jpg
南仏の絵皿を買いました。
このお皿を眺めていると、もう今から20年も前の断片的な、でも忘れられない、私にとって衝撃的で幸せな記憶が次々と浮かんできます。
延々続く丘陵の夏のからりとした風、子供たちのにぎやかな笑い声、テーブルに並んだお料理、葡萄棚のテーブル、大人たちの優雅なフランス語‥

そのころ私はピーター メイルの<南仏プロバンスの12か月>に触発されて南仏に多大なあこがれを持っていました。そんな時、母の友人のクレアが、家族所有の南仏の夏の家に母と私を招待してくれたのです。

その家は、普段パリに住むクレアの両親が、自身の子供たちや孫たちとともにバカンスを過ごす家でした。
クレアの両親、クレアの妹アン、アンの小さな4姉妹が滞在しているところに、クレアと私たち母娘までも加わった形になりました。

老若男女、大勢の食事の世話を一手に引き受けてくれていたアンに、当時の私は多大な影響を受けました。
アンが作る料理はまさにフランスの家庭の味ーそれまでのフランス料理のイメージをすっかり覆されました。

朝は村で焼き立てのバゲットや田舎パンを調達して、そのパンとアールグレイのミルクティにフルーツ。パンにはバターと南仏の花のはちみつをたっぷりつけます。そのパンとはちみつの美味しさはいまだに忘れられません。クレアですら、この村に来た時の楽しみはこのパンだ、と言っていました。

夕食は日が長い南仏にあっても、いつもとっぷりと日が暮れてから始まりました。子供たちは食事を先に済ませて、シャワーをしてベッドに入ってからが大人の食事の時間です。その家に滞在していた間中、子供たちとテーブルを共にした日は一度もありませんでした。

いつもテーブルには銘々決められたナプキンが大きなお皿の上に置かれています。クレアの父が自家製のワインをそれぞれのグラスに注いでくれ、自身はワイングラスに半分のワインを注ぎ、その上から水を足します。(彼は健康上の理由でいつもワインの水割りでした)

アンがキッチンとテーブルを何度も行き来しながら、料理を順に運んでくれます。
まずはたっぷりのサラダ。いろいろなレタス類がドレッシングで和えられたものの時や、ざっくりと切られたトマトがドレッシングとハーブでマリネされたサラダの時もありました。
大きなボウルを順番に回しながら好きなだけお皿に取り分け、最初にたくさん食べます。

続いてメイン料理ー大きな一匹のマスのおなかにふんだんにタイムとローズマリーを詰めて、さらにかぶせて包み焼いた料理、豚肉の塊をシンプルにローストした料理など、味付けもいたってシンプルなオーブン料理が定番でした。味付けも塩味がメインで、ハーブでアクセントがつけられていました。素材のうまみを存分に感じる食べやすいお料理ばかりでした。

最後はデザート。大きな木のトレーに並べられた様々な種類のフロマージュ。フロマージュを食べない人はヨーグルトを。小さなお菓子がたくさん並んだ時もありました。

とにかく料理すべてがシンプルで、食べやすくてとてもおいしい!ハーブ使いが新鮮で感激したのを覚えています。フランスの家庭料理はレストランで出てくる料理とは全く違うものだということを実感しました。

この時の経験は、まだ料理やお菓子を学び始めたころの私には多大なる影響を与えてくれるものでした。
レストランの料理ではなく、家庭で食べられている料理を習得したい!という思いを強く持つきっかけとなりました。


この南仏絵皿を見た瞬間、あの夏の家での経験がよみがえりました。テーブルに並んだカラフルなナフキンと美しい絵皿ー
その後、私は南仏柄のお皿を、母は華やかなナフキンを愛用していました。

さらにその何年も後に、私はパリで料理の勉強をすることになりました。料理学校に入学したものの、一番興味があったのは家庭料理だったのは、アンが作ってくれた料理をみなで囲んだ経験が私にとってかけがえのないものだったからに違いありません。

d0257787_10151113.jpg









by chez-maman | 2018-02-12 10:28 |

信楽へ

d0257787_6321983.jpg
d0257787_6323666.jpg
d0257787_6325757.jpg


秋のイベントへ向けての行動。
mûreさんとともに信楽へ買い付けに。

11月に暮らしを楽しむイベントを企画しています。
今までのマルシェとは趣をかえて、お料理、うつわ、お花・・暮らしを彩るものたちを見て、触れて楽しんでいただくイベントにしたいと考えています。





 
by chez-maman | 2016-08-26 06:39 |