ブログトップ

chez-maman

chezmaman1.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

4月のお料理クラス

d0257787_610838.jpg
4月のお料理クラスはパリのお惣菜メニューです。アレンジに和の素材も使って食べやすく作りやすくしています。
もちろんデザートまでたっぷり作って楽しんでいただきます。

レッスン日程  4月12(金)・16(火)・17(水)・20(土)・24(水)・25(木)
時間       午前11時~午後2時ごろ
レッスン料   5000円(材料費込)

お申込み・お問い合わせはお電話(075-748-9878)、もしくはメールにてお待ちしております。
[PR]
by chez-maman | 2013-03-30 06:17 | お料理クラス

4月のル・クルーゼを使ったお料理クラス

d0257787_61191.jpg
今月も引き続き春野菜をふんだんに使ったル・クルーゼメニューです。ル・クルーゼにかかればお野菜もぐっと甘味をましてさらに美味しくなります。

レッスン日程  4月11(木)・15(月)・26(金)
時間       午前 11時~午後 2時ごろまで
レッスン料   5000円(材料費込)

お申込み、お問い合わせはお電話(075-748-9878)もしくはメールにてお待ちしています。
[PR]
by chez-maman | 2013-03-30 06:09

4月のお菓子クラス

4月のお菓子クラスはとってもシンプルなカトルカール。フランス語で1/4という意味です。
バター・粉・砂糖・卵が同じ分量、1/4ずつ入るというオーソドックスな焼き菓子です。


オーソドックスなその配合を少しいじって、いろいろ混ぜ込んで味の違いを楽しみます。
もっとも簡単そうで、ちょっとしたポイントを押さえるだけでぐっとかわる実直なお菓子を作ってみませんか。

レッスン日程
4月 9(火)10(水)18(木)・19(金)・21(日)・22(月)・23(火)
時間  午前11時から2時間程度
レッスン料  3000円(材料費込・お持ち帰り・試食あり)

お申し込みはお電話(075-748-9878)もしくはメールにてお待ちしております。
[PR]
by chez-maman | 2013-03-30 05:52 | お菓子のクラス

自然の色

d0257787_657595.jpg


               三温糖          ゲランドの塩           片栗粉

“白”をイメージするものが多いですが、いろんな色がありますね。

お料理のお砂糖はずっと三温糖を使っています。塩はできるだけ海のミネラルが感じられるもの。
最近はピンク色の岩塩もよく手に取ります。

わずか、と思われるちがいかもしれませんが。でもやっぱり。
[PR]
by chez-maman | 2013-03-25 07:09 | 暮らしまわり

春の・・・

d0257787_6421133.jpg

d0257787_6424088.jpg


週末の夜、降り立った駅で桜の花がちらほら咲き始めているのを見て、あたらめてびっくり。
関東ではすでに満開・・ まだ3月も1週間以上残っているのに。入学式のころは葉桜ですね。

教室のお庭にある大好きな白の侘助は寒い時からまだ花をつけています。長い間楽しめてうれしい。
つぼみの時にこうして活けておくと、気が付いたころに開いて長く楽しめます。小鳥のついばみから守られきれいなままです。

大好きな和紙の入れ子の箱はこちらのもの。春らしい色の出番がやってきました。
[PR]
by chez-maman | 2013-03-25 06:51 | 暮らしまわり

家具のおはなし 2

d0257787_5222375.jpg

d0257787_5232654.jpg


キッチンスペースに納まっている和ダンス。近江水屋です。
よく「おじいさん、おばあさんの代からの・・?」と聞かれるのですが、いえいえ一番の新参者なのです。

この場所はもともと縁側廊下の押入れでした。和室と縁側すべてをつなげてひとつの部屋にしたので、押入れも取ってしまってました。そこに和ダンスを置くのが夢でもありました。

私の和ダンス好きは母譲り。結婚の時にも嫁入り道具として和ダンスを一番最初に用意してもらいました。住む場所も決まっていないときに先に出会った和ダンス。そのタンスが入る家(マンション)を探すのに少し苦労しました。

「この場所に素敵な和ダンスをおきなさい」と母からのメッセージを聞いていたのですが、必要なものをいれたらお財布はからっぽ・・ 持てる機会が来たら探そう。と思っていた矢先―
実家に、旧姓の私の名前でずっと動かしていない口座がありますとゆうちょから通知が!私は全く覚えがなかったのですが、ふと… 「お母さんが送ってきたんだ!あのスペースに和ダンスをおきなさいってことなんだ」と直感。天国からの送金でした。

すぐに、母がひいきにしていた湖西大津にある和ダンスの倉庫に連絡を入れました。サイズと好みをいうとたくさんの中からみつくろってくれるのです。

サイズは一間たらず(柱と幅木で一間には満たないのです)、黒っぽくて装飾のあまりないシンプルなもの。とだけ伝えました。

見に行くと、出してくれていたのは私のイメージより赤っぽくて、サイズがちょっと大きい・・ 近江水屋の特徴の角を切ろうかなどと話していたのですが、ふと他を見ると、暗い倉庫の中に小ぶりで黒っぽいこのタンスが!
外に出してもらうと私の条件にぴったり!埃にまみれ修復もされていなかったので今の姿とは全然違ったのですが、どっしりとした風格を感じました。水屋ダンスの上側です。

近江水屋とは私の住んでる近江地方で作られていた、お台所に置くタンスのこと。つまり食器棚。この黒っぽい色は煤なのです。とくにこのたんすは上の部分なので、煤がついて黒くなっているとのこと。歴史がもたらした色艶です。きっと100年以上前から、お料理をする場所で、様々なお料理とその風景を見てきたのでしょうね。このタンスにも私は知らないストーリーがあります。

ぴったりと納まったこの姿。ずっとここにあるように思えます。
季節によって飾るものをかえて楽しんでいます。

d0257787_622666.jpg

[PR]
by chez-maman | 2013-03-15 06:08 | 暮らしまわり

3月11日

d0257787_5551196.jpg


この日が忘れられないでいます。

すぐに病院に、という電話。
母の白い顔
階段
テレビに映し出されるみたことのない光景
海に飲み込まれる!

なにが起こっているのか‥

2年が経ちました。ただただ祈りをささげるのみです。
[PR]
by chez-maman | 2013-03-12 06:03 | 暮らしまわり